T-Loop
Act.1 癒しの音
タイムドメインスピーカー
タイムドメイン ライト
タイムドメイン ミニ
ボザール マーティ101
スーパーポッド
ミッドタワー
タイムドメイン 11
タイムドメイン ヨシイ9
タイムドメイン
チューンドバイT-Loop
BauXar Jupity301
TIMEDOMAIN Yoshii9
BauXar Marty101
BauXar Jupity301
TIMEDOMAIN mini
ミッドタワー T-Loopエディション
TIMEDOMAIN mini
タイムドメイン
ユーザーの声

タイムドメインとは

おとつぶ広場

BLOG「おとつぶ日記」

試聴はこちら

注文はこちら
mini E typeの能力をさらに引き出した「mini E type Premium」新登場!!
「Marty 101 Limited Edition」 受注開始!!
T-Loopオリジナル「mini E type Tuned by T-Loop 
   」新登場!!
心地よさが魅力「mini C type Tuned by T-Loop 
   」好評販売中!!
T-Loopオリジナル「モバイルセット 
   」好評販売中!!

タイムドメインとは

「タイムドメイン」とは、何でしょうか?
タイムドメインスピーカーと従来のスピーカーを比較しながら、その違いをご説明しましょう。

音の捉え方の違い

従来のスピーカー タイムドメインスピーカー
音を周波数成分の集合と捉えています。   音を耳に届く空気の波(圧力変化)と捉えています。
周波数成分
音の波

周波数成分の例として、上図のようなグラフィックイコライザーの表示があります。これは、各周波数毎にその音量の大きさを表示しています。

このように、音を周波数成分で考える理論を「周波数領域理論( Frequency Domain)」と言います。

 

空気の波の例として、上図ようなオシロスコープの表示があります。これは、音の波形の大きさを時間を追って表示しています。

このように、音を圧力の時間変化で考える理論を「時間領域理論(Time Domain)」と言い、タイムドメイン社由井啓之氏が発明した理論です。

再生する音の違い

従来のスピーカー タイムドメインスピーカー
周波数成分を複数のスピーカーで合成して再生しています。   原音の耳に届く空気の波をそのままスピーカーの振動板で忠実に再生しています。
従来スピーカーの再生方法
タイムドメインスピーカーの再生方法

音がすべてきれいな定形波ならば、この理論でも再現性があります。

しかし、実際の音楽には、さまざまな音が含まれており、パルス波の固まりと言えます。周波数領域理論では、パルス波や無音に対して、周波数成分の合成では正確に再現できない矛盾があります。

 

 

タイムドメインスピーカーでは、原音の空気の波を、そのまま忠実に再現しようとしています。

タイムドメインスピーカーから出る音は、背景音も含めた収録時の空気の波そのものであるため、生演奏をしているかのような臨場感が再現されます。また、空間的にも時間的にも矛盾が無いため、聴いていてストレスがありません。

スピーカーの再生方法の違い

従来のスピーカー タイムドメインスピーカー
従来のスピーカーは、音を箱(エンクロージャー)内で響かせて再生しています。   タイムドメインスピーカーは、スピーカーユニットの振動板だけを動かして、音を再生しています。
従来スピーカーの再生方法

箱内で音を共鳴させることで、大きな音を再生できます。

しかし、その共鳴が箱自体を共振させてしまうため、スピーカーユニットの振動板の動きを邪魔して、音が歪んでしまいます。

 

 

タイムドメインスピーカーは、箱の共振を極力避ける筒型や卵型の構造になっています。

箱が止まることで、スピーカーユニットの振動板を正確に動かすことが可能となり、原音に限りなく近い空気の波が再現できます。

小さなスピーカー
大きな口径のスピーカーは、たとえ箱の共振が無かったとしても、スピーカーユニットの振動板自体が共振してしまうため、音が歪んでしまいます。   タイムドメインスピーカーは、小口径で軽い振動板を採用しています。振動板自体の共振を排除することで、忠実な原音再生を実現しています。
 
トップへ戻る 会社概要 | 特定商取引に関する法律に基づく表示 | プライバシーポリシー | お問い合わせ